BANDEIRA JAPAN

JNL
日本語サイト

ジュセリーノの予言 東海大地震それとも東南海大地震、はたまた岡崎大地震?

 

81d4WsxGrwL. AC UL320 ML3

 

 

2022年までの次の地震-すでに彼によって預言されています-誰も待つことができません、ジュセリーノルスの精神的な指導で私たち自身を守りましょう

当社のスタッフのブログでも話題でもちきりでしたが、名古屋周辺では大変なことになっています!

とある地震の予言に周囲は騒然としています。

スーパーやホームセンターでは軒並み、非常食や防災グッズが売れているそうだ。

真剣に対策を考えて行動している人が結構いるようです。

周囲でもかなりの動揺が広がっています。

ノストラダムスの終末予言”19997の月でもここまでみんな慌てなかったのになぁ。。。

それにしても、

「予言」っすよ?!

その予言者はブラジル人で教師をやっているジュセリーノ氏。

半信半疑ですが、でもやっぱり気になってジュセリーノの予言本を23ヶ月ほど前から読んでいました。

ジュセリーノは彼の本で日本人に真実を語っています-本「無限の夢...

時間を無駄にしないで、今すぐエディションを入手してください!

以下のリンクをクリックしてください:

https://www.amazon.com/Endness-Dreams-prophecies-fiction-Japanese-ebook/dp/B07PD9QVXM/ref=sr_1_11?dchild=1&keywords=jucelino+luz&qid=1589734467&sr=8-11

「ジュセリーノ 未来予知ノート」

どこまでが真実であるのかはわかりませんがぁ~。。。

先月に予言では来るはずであった「フィリピンのマグニチュード8クラスの地震」も無事に何事もなく過ぎ去りましたので、私自身は意外と楽観的にとらえています。

でもやっぱり不安

ネットでもそんな話題やブログネタがあちこちで目に付きます。

知らない間に913日の「午前3時」に来るとの時間指定の噂もネットでは出回っています。

日付までは出ていたけど、ジュセリーノの預言本には時間までは書いてなかったよなぁ

確かに彼(ジュセリーノ)の過去の予言実績でかなり固有名詞まで具体的に指示し、時間と場所までも具体的に的中しているものもたくさんありました。トリックがあったかどうかはわかりませんがそれらが客観的な資料で後での創作の予言でなかったことが証明されているというから恐ろしい。。。

たとえば、「9.11テロ」の予言では見事に「2001911日にワールドトレードセンターへの攻撃」という時間と場所を特定していたようです。その予言した日付はなんと19891026日と事件の12年も前。

これ以外にも少し前に起きた「長崎市長選の際の市長銃撃事件」でも見事に日付は無論、被害者の名前までも一致。

また、スマトラ沖地震インド洋津波1996年の時点で”20041226日午前7の発生と予言しました。実際の地震は午前758分発生でしたから、ここまで一致するほどの恐ろしい一致点を見いだせる予言をしている。

このほかにも非常に多くの予言が見て取れます。

 

 

英語を話す場合は、この本をここで読んでください。

 

 

下のリンクをクリックしてください

 

https://www.amazon.com/Dreamer-Jucelino-traveler-future-challenge-ebook/dp/B07QFSTLP4/ref=sr_1_4?dchild=1&keywords=jucelino+luz&qid=1589735358&sr=8-4

 

 

   Mario  Ronco Filho -  調査ジャーナリスト

 

 

 

 

face twitter youtube instagram

On-Line

Temos 66 visitantes e Nenhum membro online

Facebook JNL

地球温暖化

aquecimento global1

世界は2020年のための手遅れなのだ待つことができない....なぜなら
の私たちの地球を守るてみましょう...
を参照して文字がいくつかの支配者に送信されると深刻さを、文字の透明性と気候変動の条件が、我々が前に直面する必要があります参照してください。 (ここをクリック)

続きを読む

NEW OPPORTUNITY TO EDITORS AND PUBLISHERS:

あなたはJNLの本を出版したいですか?

THERE ARE MORE THREE NEW ONES : 1. 2012 A NEW ERA(AGE); 2.
PREDICTIONS ; 3. ENDLESS DREAMS

続きを読む