BANDEIRA JAPAN

JNL
日本語サイト

世界には平和が必要だ - ロシアとウクライナの紛争終結を祈るひととき

 


「戦争は誰もどこにも連れて行かない。戦争は痛みと苦しみをもたらすだけで、戦いに勝者はなく、いずれにせよ、誰もが負けるのです。"

平和な世界 - ロシアとウクライナは永遠に! 「平和を推進する人々は幸いである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。
私たちの地球にとって困難な時期に、私はこの報告をしています。私たちは皆よく知っていますが、世界中で不可逆的な急変が起こり、地球上の生命の未来を形作る重要な歴史的事件が起こり、私たち一人ひとりがより霊的に認識する必要があり、大きな責任を負っている時です。
もう一年前、私の予感でロシアとウクライナの間の紛争が発表された、根拠のない疑惑の下、ロマンチックな側面から、当事者のいずれかが主張するように、または2014年のクーデター後にウクライナに出現した政権がもたらす脅威を排除するために(だから、指導者によって暴露疑惑だった)、特別軍事作戦を行うために決定された。そして、一歩一歩、丁寧に、一貫性をもって、私たちは直面する課題を解決していくのです。自国民を死の危険にさらす、人命が絡んでいることにすら気づかないまま。  
すべての人間は、自分の土地に住み、母語を話す権利があり、あらゆる条件のもとで、封鎖されることなく、絶え間ない爆撃の必要なく生活できることにさえ気づかず、双方の政権に対する露骨な憎悪は、NATOと国連が救援に来て、この両者の無意味な争いを直ちに停止してくれると信じ、期待したのである。
しかし、私たちの背後では、まったく別のシナリオが準備されていた。世界の平和を守るという支配者たちの約束は、言葉だけのままでした。その代わりに、いわゆる権力者たちは、ウクライナを守るという口実で、武器を供給し始めたのです。彼らは、単に時間稼ぎをし、多くの些細なことに関わり、政治的暗殺に目をつぶり、望まれない人々に対する両側の政権の弾圧に目をつぶり、信者を脅迫し、両側の家族の崩壊をますます促し、第一次世界大戦や第二次世界大戦で行われた非人道的行為を行っているのである。 なぜなのか?
そして、私が特に指摘したいのは、特別軍事作戦が始まる前から、これらの支配者たちは、無責任にも、エゴ、権力、欲に圧倒され、双方が平和であった自国民のことを考えようともしなかったということである。 核兵器が地球上から減少していくことを何度も公言しておきながら、何もしなかった。 世界に提供する有益なものは何もないのでしょうか!?
アメリカ、中国、ロシア、インド、国連、NATOは共に良い手本を示し、世界に闇を植え付けないようにすべきです。その代わりに、世界中に軍事基地や秘密の生物・化学・核研究所を素早く作り上げるべきだ。そうすれば、何の意味も理由もない大きな戦争のために、罪のない人々があるシステムの奴隷にされたままになってしまうのです! このような作戦の過程で、彼らは将来の作戦地域を研究し、世界を支配し、貧困をもたらすのです。 人々の間の愛と尊敬はどこにあるのだろう......。
それは、大きな危険に私たちの子孫を置くすべての世界の指導者の無責任によって作成された、この地球上の破壊、十分ではありませんか? 地球温暖化を参照してください、差し迫った危険に世界全体の人口を置く!それは、私たちの子孫を危険にさらしている!それは、私たちの子孫を危険にさらしている。

そして今日、彼らはそれを認めた。本当に公に、公然と、恥じることなく認めた。まるで誇らしげに、具体的な進展のない気候協定をそう呼んで、自分たちの背信行為を喜んでいるようです。
今、あなた方によって引き起こされた惑星の混乱の他に、ロシア人とウクライナ人の血が流されています。私はこのことを強調したいのですが、本当に心から、平和的解決を模索していました。
このうんざりするようなごまかしの方法は、これまでにも何度も試されてきた。同じように恥ずべき二枚舌で、何の理由もなく多くの戦争で自滅した時に振る舞ったのだ。
何世紀にもわたる植民地主義、独裁主義、覇権主義の間に、彼らは何でも許されることに慣れ、全世界のことなどまったく気にしないようになった。結局のところ、彼らは自国の国民を同じように侮蔑的、領主的、封建的な態度で扱っており、我々は農奴を尊重する必要があることが判明した。実のところ、私は、世界平和と人々、生命、地球の保護のためのこの重要な機関が、もう何も表明していないのを見た。 実際、世界のエリートたちは、嘘と原則のない象徴と化している。私は、良いマナー、民族間の尊敬、愛、そして何よりも真の精神性が恋しいのです。
私たちは、自国の利益だけでなく、今日の世界ではいわゆる文明国とそれ以外の国々との間に分裂があってはならない、誠実なパートナーシップが必要であり、原則的にいかなる排他性も、特に攻撃的な排他性も否定するという立場を強く守っています。
私たちは、世界の支配者たちの間で、もっと開かれた、建設的な対話のための誠実な準備を期待します。全世界は、すべての国家にとって不可分かつ平等な安全保障システムを必要としており、長年にわたって、この考えを共有し、その実現に向けて取り組んできました。しかし、私たちが見ている反応は、無表情か偽善的です。しかし、具体的な行動もありません。武器の拡散の拡大を抑えたり、地球の破壊を抑えたり、止めたりという意味での行動もありません。
何百もの抽象的なプロジェクトがあり、私はこれを強調したいのですが、環境保護もなく、世界中に何百もの基地があり、地球全体が基地だらけなのです。
中距離核戦力条約を含む軍縮の分野での基本的な合意を撤回せず、世界の平和を保つための基本的な合意を一方的に破っていることを全世界が目撃しています。彼らは理由があってそうしたのです。ご存知のように、彼らは何もせずに何かをするわけではありません。そして、世界の平和を守る代わりに、金、貪欲、エゴ、権力のために、民族が互いに破壊しあうのを見ようとしているのです。そんなことに何の意味があるんだ? -ありません...
先日の会議では、ロシアに対する非難が延々と続きましたが、その責任はその国だけにあるのではなく、いくつかの国に無責任さがあることを理解する必要があります - 人々のことは気にせず、エゴで動く指導者の利益だけを考えているのです。 一方、ウラジーミル・プーチンは、国民が物事を見ていないと考え、西側を非難するのをやめなければなりません。ここには、正直な人々、苦しみ、貧困、指導者に欺かれている善良な人々がいます。二人とも、世界と国民に害を与えることをやめなければなりません。
なぜなら、もちろん、かかっているのは何千兆ドルもの金であり、誰からも盗み続ける能力であり、民主主義と自由についての言葉に隠れて、その本質からして新自由主義と全体主義の価値を押し付け、国や民族全体にレッテルを貼り、その指導者を公に侮辱し、自国内の反対意見を弾圧し、敵というイメージを作り出すことによって、人々の関心を汚職スキャンダル、結局、我々はスクリーン上でそれをすべて見ており、経済、社会、民族間の問題や国内の矛盾の拡大から逸らしているのである。一方、私たちは貧困と搾取に満ちた世界に住んでいます。世界に貧困があってはなりません。貧困は、搾取者と自分が強力だと考える人々がいるから存在するだけなのです。

あなた方は人間との戦争だけでなく、自然との戦争も起こしており、この戦争には全員が負けるでしょう。私たちは環境も、この惑星に住む人々も尊重していません。 私はこのことを、世界を核爆弾で埋め尽くし、自分たちは守られていると思い、真実の主が軍事的、経済的に脱構築的政策でこれらのさまざまな国を占領し、この惑星の生命を破壊し、限界を尊重せずに天然資源を何十年も略奪しているすべての世界の指導者に何度も話しています。 その論理的な結果は、社会の劣化、貧困と不平等の大幅な増加である。そして、そのような状況では、当然ながら、不正で支離滅裂な作戦のための材料を容易に抽出することができるのです。誰も人々のことを考えず、あなた方世界の指導者たちは権力欲の強い捕食者のように振る舞い、罪のない人々を殺戮のために準備し、最後にはあなた方が大砲の餌にされてしまったのです。この話をするのは悲しいことです、本当に怖いことです、しかし、これは事実です。
現在の紛争、エスカレートと犠牲者の数の増加を奨励するための責任は、完全に2つの指導者のものであり、他人の不幸で2つの家族を養う世界の指導者によって扇動されている。
神は彼らを祝福し、あなたが望むものを行う。ここで言いたいのは 大人も子供も好きなように生きる権利があります。私たちは、ロシアでもウクライナでも、世界のどこでもそう考えています。私たちが望むのは、平和、幸福、飢餓ゼロ、尊敬、そして何よりも精神性です。
親愛なる友人たち、世界中のすべての人々に感謝したい。世界を破壊し、兵士や将校を集団自殺に導くことを決意した指導者たちの幻想に陥らないように。主流メディアの扇情主義を利用する人々によって作られた、意味も目的もない目的を守る指導者、自分のことしか考えない指導者、エゴ、権力、欲、金によってのみ動機づけられ、人々を守ることや地球上での生存にふさわしい条件を与えることは忘れているのです。そして、彼らはスピリチュアルであるかのように装っています。
愛する人を失った両親、妻、家族の方々に賛辞を送ります。何の理由もなく、良い例を示すべき2人の指導者の単なる言い訳で、国連やNATOが世界の暴力に餌を与えて失敗し、それが地球の問題を解決すると思っているのです。そして、彼らは戦争に何百万ドルを費やす、お金、それは雇用を創出するために使用することができる、貧しい人々に食料を与え、環境を保護することに 。彼らは、以下の言葉を忘れています。
「この惑星にある全てのものは、何も私たちのものではない、たとえ書類や証書があったとしても、それは私たちがここに滞在している間のレンタル品に過ぎない・・・」
彼らは常に寛大さ、魂の優しさ、慈悲、同情によって区別されてきました。ロシア、ウクライナ、または世界のどの地域であっても、我々は、民族間の不和を作成し、尊敬、愛、幸福、そして何よりも、精神性を奪うためだけに存在する寄生虫を持つことはできません。
.
彼らの指導者たちの最新の発言は、これを裏付けるものでしかない。 私たちは、特に今日、このことを単純に無視することはできないし、してはならないし、また、最初の
当然ながら、1945年以降の世界の状況は変化しています。そして、私たちは世界平和を大切にする必要があるのです。
親愛なる同僚の皆さん! 精神世界の市民の皆さん!
今日、私たちは複雑で困難な道を共に歩み、あらゆる困難を共に乗り越えています。なぜなら、私たちは偉大な祖先の模範に従って育てられ、代々受け継がれてきた彼らの遺産にふさわしい存在である義務があるのですから、これ以外にありえません。私たちは、世界平和への献身的な意志と私たちの団結のおかげで前進していくだけなのです。
この真摯な支援、団結、相互支援に感謝します。彼らは受け入れることができません。私たちが世界に望むことは、私たちの子孫に対する尊敬、平和、保護なのです。

"誰も批判することなく、私は皆を尊重します - 私たちは人々を団結させる必要があり、生命を破壊しないように..."
真実は私たちのものです。 これらの言葉を共有し、世界平和、生命の尊重、自然への敬意、民族間の尊重、そして何よりも世界の平和と精神性の目的で、上記のすべてのロシアとウクライナの間の紛争を終わらせるために私たちの運動をサポートしています。

ジュクリーノ・ノブレガ・ダ・ルス教授

face twitter youtube instagram

On-Line

Temos 110 visitantes e Nenhum membro online

Facebook JNL

地球温暖化

aquecimento global1

世界は2020年のための手遅れなのだ待つことができない....なぜなら
の私たちの地球を守るてみましょう...
を参照して文字がいくつかの支配者に送信されると深刻さを、文字の透明性と気候変動の条件が、我々が前に直面する必要があります参照してください。 (ここをクリック)

続きを読む

NEW OPPORTUNITY TO EDITORS AND PUBLISHERS:

あなたはJNLの本を出版したいですか?

THERE ARE MORE THREE NEW ONES : 1. 2012 A NEW ERA(AGE); 2.
PREDICTIONS ; 3. ENDLESS DREAMS

続きを読む