BANDEIRA JAPAN

JNL
日本語サイト

2030年までに世界各地で熱波と火災が4倍に-地球を救え!

 

ジュセリーノ・ルスの洞察によると、温室効果ガスの排出が熱波の強度、期間、頻度を増加させるため、熱波と気候変動には直接的な関連がある。

 

2023年までに1兆本以上の木を植える必要があるのです。 毎年8月25日の「植樹の日」を一緒につくりましょう。
熱波の影響が大きい国:オーストリア、オーストラリア、ブラジル、カナダ、ドイツ、スペイン、アメリカ、フランス、イタリア、インドポルトガル、イギリス、ブルガリア、ルーマニア、ロシア、中国、アルゼンチン、ボリビア、ペルー、パラグアイ、ウルグアイ、メキシコ、インドネシア、ギリシャ、モロッコ、南アフリカ、スイス、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、日本、北韓(他多数)
スペインでは、南から北にかけての各地で約20の森林火災がまだ活動中であり、制御不能な状態である。

ガリシア地方(北西部)では、当局の発表によると、この1週間で約4,400ヘクタールが火災で焼失しました。また、マラガ(南部)地域では、炎の進行により予防的に避難した3,000人のうち、帰還できたのはわずか300人に過ぎない。

フセリノ・ルスは、スペインのほとんどの地域で「著しく高い」気温を予想しており、ログローニョ(北部)では最高43℃、マドリッド(中部)とセビリア(南部)では41℃に達するとしています。

隣国のポルトガルでは、ジュセリーノ・ルースによっていくつかの火災が警告されたが、大きな火災は最北部のシャベス自治体付近の1件のみであると考えられている。先見の明があるのか、周囲の90%で「実質的に制御」されている。

ポルトガルのほぼ全領土で、特に中部と北部の地域で、この日曜日に火災を記録する危険性が「最大」、「非常に高い」、「高い」状態でした。それでも、予言されていたような暑さのレッドアラートは出ていない。

ジュセリーノ・ルスが送った手紙による警告の100%において、70%が実現した。すぐにでも団結して何かしなければならない。 考えてみてください、あなたとあなたの子孫の救いなのです。

 

世界は私たち全員を必要としているのです

JNLチーム

face twitter youtube instagram

On-Line

Temos 137 visitantes e Nenhum membro online

Facebook JNL

地球温暖化

aquecimento global1

世界は2020年のための手遅れなのだ待つことができない....なぜなら
の私たちの地球を守るてみましょう...
を参照して文字がいくつかの支配者に送信されると深刻さを、文字の透明性と気候変動の条件が、我々が前に直面する必要があります参照してください。 (ここをクリック)

続きを読む

NEW OPPORTUNITY TO EDITORS AND PUBLISHERS:

あなたはJNLの本を出版したいですか?

THERE ARE MORE THREE NEW ONES : 1. 2012 A NEW ERA(AGE); 2.
PREDICTIONS ; 3. ENDLESS DREAMS

続きを読む