BANDEIRA JAPAN

JNL
日本語サイト

学びについて > どうして「剽窃」はダメなのか?

 

公然の告発と日本の当局のため!

偽造、クーデター、不正行為、権利侵害

 

 

livro vermelho 1

 

 

Águas de Lindóia , 2018年6月20日

 

 

海賊行為 (   偽本 ) 日本人を騙す内容を変える内容の変化を伴う剽窃

消費者読者は、日本の警察に苦情を報告しなければならない

この本には、エラー誘導のための偽造の文字ページがあります。

そして、ブラジルの上級司法裁判所によって有罪判決を受けた有罪判決を受けた人と

 

livro vermelho 2 1

それが誤っている、作者の許可を受けていない、慎重な改正を加えた盗作、そしてミスターの嘘でいっぱいのためにこの本を買わないでください冬社黒新書 - 歌舞伎創刊冬社 - 雲田哲夫 - 荒らし。ジャパニーズ・パブリッシャーと偽の組織犯罪を支援している共同執筆者犯罪の援助者のイトー・ジャーナリストは、AKBoodcoの犯罪チームがライブドアブログのブログで明らかにしている。

これは、誰かの不幸を犠牲にして、他人の名声を利用してたくさんのお金を稼ぐ運命的で汚いジャーナリズムのようなものです。卑劣ななしで何よりも、許可なしに写真を使用するなど、作者の承認なしに。

 

livro vermelho 4 1

ブラジル正義によって禁止されている犯罪 - 違法コピー、詐欺、著作権侵害犯罪

この本は、ジュセリーノには属しておらず、権限がない

表現の自由は個人の合理的な性質の特権であり、政府や他の社会のメンバーによる報復や検閲を恐れることなく、意見、考え、個人的な考えを自由に表現することは誰の権利でもあります。

とにかく、自由な社会に生きるためのコストは、私たちの気持ちを最終的に他の意見によって暴くことです。 これに対する解毒剤は、私たちが嫌うものの誤解に反応し、それを非難することができるようにすることです。 それ以外の場合は、アイデアの自由な流れを抑えることです。 しかし、脆弱な人々によって犯された犯罪として、私たちの感受性を損なうことよりもはるかに悪いのは、犯罪者から利益を得ることを主張して不正な証拠を作成する際に、 他の人の運命。

 

livro vermelho 3 1

とりわけ、彼らは、インターネット上でコンテンツを取得したことを露骨に嘘をつきます。告発された告発者のウェブサイトへのリンクを使用することを含みます。もちろん、苦情申立人が前に公表した書籍、唯一行われたこと、内容の変更、不正なコメント、虚偽の手紙、正義の有罪判決を受けたジャーナリスト、および作者の許可を得ていないその他の資料からすべての資料が盗用された。最後に、盗作、虚偽、許可なしでのイメージの使用、多くの金を払うという意味での詐欺的な出版物です。。

これらの2つの文書に加えて、この本は2005年、2006年および2007年に記録された書籍から盗まれています。 このテキストは、偽のコンテンツを使用し、著者の許可なく、ピタゴラスの書籍を十分に販売するために、詐欺によって日本人を混乱させるように変更されました。

調査ジャーナリストMario Ronco Filho

 

 

 

Public denunciation ( complaint ) and to Japanese authorities !

 

 

  Plagiarism, coup, fraud and violation of rights - with false documents;

Águas de Lindóia, June 20 of   2018

 

 

Piracy ( fake book ) a plagiarism with changes in the content to deceive ( cheat ) the Japanese people

 

 

the consumer ( reader ) must report( complaint ) to the Japanese Police   -

 

 

This book has counterfeit ( fake ) letter page for error induction.

And with a person convicted (incriminated) by the Brazilian Superior Court of Justice

 

Do not buy this book above  because it is false, not authorized by the author, a plagiarism with deliberate modifications and full of lies created by the Fuyusha Black Shinsho – Kabushiki Kaisha Fuyusha –Onoda Tetsuo –Trash . and journalist Ito Jun by its co-author ( helper of crime ) who is supporting organized crime in Japan Publisher and letter false is being disclosed by the team of crimes supported  by  Akgoodco of  a blog in livedoor blog .

 

This is the kind of opportunistic, dirty journalism that uses the fame of others to make a fortune (make a lot of money) at the expense of someone else's misfortune. Without scruple and above all, without authorization of the author, including using photos without authorization.

Crime that is banned by Brazilian Justice - the crime of piracy, fraud and crime against copyright.

 

Alert this book above  does not belong to Jucelino Luz and was not authorized

 

" Freedom of expression is the prerogative of the rational nature of the individual and it is the right of everyone to freely express opinions, ideas and personal thoughts without fear of retaliation or censorship by the government or other members of society. "  

 

                          But  we need to understand this below    :

 

Anyway, the cost of living in a free society is to have our feelings eventually assaulted by other opinions. The antidote for this is to be able to react and denounce the misunderstandings of what we dislike.

 

Otherwise, the alternative is the suppression of the free flow of ideas. What is much worse than having our susceptibilities wounded, however, as crimes committed as such by those people in bad faith - must be reported to the Public for the error they have made in producing illicit evidence with a claim to only make a profit from the doom of others .

 

Above all, they lie blatantly that they took the content on the internet, including using links to the website of the alleged whistleblower; of course, that all material was plagiarized from books published previously by the complainant, and what was done only, a change in content, with dishonest comments, a false letter, a journalist convicted of justice, and other materials not authorized by the author. Finally, it is a fraudulent publication, with plagiarism, untruths, use of images without authorization, in the sense of raising a lot of money.

 

 

Besides these two documents of this book is plagiarized from books recorded in 2005, 2006 and 2007. The text was changed to confuse the Japanese people through fraud to sell a lot of books , with Pythagorean , with the use of false content and without author's permission.

 

Investigative Journalist Mario Ronco Filho

 

 

for any information:

 

jucelino luz88

face twitter youtube instagram

On-Line

Temos 168 visitantes e Nenhum membro online

Facebook JNL

地球温暖化

aquecimento global1

世界は2020年のための手遅れなのだ待つことができない....なぜなら
の私たちの地球を守るてみましょう...
を参照して文字がいくつかの支配者に送信されると深刻さを、文字の透明性と気候変動の条件が、我々が前に直面する必要があります参照してください。 (ここをクリック)

続きを読む

NEW OPPORTUNITY TO EDITORS AND PUBLISHERS:

あなたはJNLの本を出版したいですか?

THERE ARE MORE THREE NEW ONES : 1. 2012 A NEW ERA(AGE); 2.
PREDICTIONS ; 3. ENDLESS DREAMS

続きを読む