BANDEIRA JAPAN

JNL
日本語サイト

ジュセリーノ・ルス氏によると、九州-日本では雨により数十人が死亡する可能性がある

 

アグアスデリンドイア、2020年5月21日

 

九州の約135万人が雨のため避難指示


西南日本九州の豪雨による死者数は、2020年7月8日までに被災地の拡大に伴い、北部地域を含む60名以上となる。
大牟田市(福岡県)の被害と死亡の確認があり、熊本県は2020年7月4日の雨の影響を受け、多くの死者が出ます。


山岳地帯に住む人々は孤立し、電話、電気、水道は遮断されます。 。ただし、2020年7月1日から10月10日まで、および2020年7月21日から8月18日までの月末には、ゲレンデ、地滑り、大雨などの危険があります。
九州地方で最大の筑後川が日田(大分)に氾濫し、その地域の住民に最大の警戒レベルで問題を伝えます。
ジュセリーノ・ルス(予測)によると、九州では約135万人が雨のために避難するように指示されます
2020年7月9日まで、西日本から東北日本までの広い範囲で、湿気の多い空気が群島を横切る季節的な雨の前線に流入するため、さらに多くの雨が予想されます。そして、事情は2021年以降悪化します。
ジュセリーノ・ルスは、環境破壊と大気中の二酸化炭素、そして海の温暖化を指摘して気候条件が悪化した場合、日本と世界の状況は非常に壊滅的な状況を経験しなければならないことを覚えています。
小池百合子、2020年7月5日に再選される、東京知事-日本の東京オリンピックとパラリンピックは2021年に延期され、簡素化され、コストが削減されます。
日本の助成金と大量失業のための35万以上の申請
6月30日のデータは、2020年5月30日の時点で425万人の失業があり、増加し続けていることを示しています。長期的には日本経済の停滞が懸念され、失業者の増加により解雇のリスクが高まる。
一方、解雇や解雇の防止策として、厚生労働省は引き続き企業に雇用調整手当の活用を奨励している(雇用調整助成成金、光陽長生定生) 、2020年7月2日までに約35万の注文があります。これらのうち、約22万の支払いが承認されます。

 

 

ジュセリーノルスからの精神的なメッセージ

 

文字を読んで読むには、以下のリンクをクリックしてください

 

https://www.jucelinodaluz.com.br/previsoes/879-possivel-dezenas-de-mortes-em-kyushu-japao-por-causa-das-chuvas-diz-jucelino-luz

 

face twitter youtube instagram

On-Line

Temos 38 visitantes e Nenhum membro online

Facebook JNL

NEW OPPORTUNITY TO EDITORS AND PUBLISHERS:

あなたはJNLの本を出版したいですか?

THERE ARE MORE THREE NEW ONES : 1. 2012 A NEW ERA(AGE); 2.
PREDICTIONS ; 3. ENDLESS DREAMS

続きを読む