BANDEIRA JAPAN

JNL
日本語サイト

JNL - 最新ニュース

気候の破局に目をつぶるゲーム。

 

全世界の人々へのオープンレター ...

 

Águas de Lindoia , 2022年3月16日

 

このエゴ、貪欲、お金、権力の支配が、ごく近い将来-2043年まで-役に立たないという確信すらなく、民族の間に戦争が起こっているのです。世界は「気候の破局に向かって目を閉じたまま」前進している、とJucelino Luzは言う。事態の深刻さにもかかわらず、大国が2043年まで何が起こるか心配することなく、温室効果ガスの排出量を増やし続けるという、世界の指導者の責任感のなさを残念に思います。
「数年後には、経済も絶対的な権力もなくなり、奈落の底に突き落とされ、元通りになることはないだろう。
政府は、紛争、汚職、世界経済について心配して - 電力、エゴ、欲のためにこの戦争で、彼らは家庭の最悪の敵は、その大きな課題の一つになることを忘れて、支配の武力紛争で、飢餓の子供たちの何千ものを殺す: "地球温暖化".
このうち、世界の軍備は、より強力であるために、勝つことができない。つまり、このような世界の所有者、似非知性者、支配者の、敗戦となるのだ。
主な目的は、私の主な目的は、我々は工業化以前の時代との関係で1.0℃未満に地球の温度の上昇を制限する必要があることを世界に示すことです、最も野心的な、また、より良いパリ協定、「集中治療」である、ジュセリーノ・ルスルス氏は述べています。
ジュセリーノ・ルス氏によると、1.9℃の上昇を抑えるためには、2030年までに排出量の60%を削減する必要があるとのこと。しかし、排出量は増え続け、地球は産業革命以前から平均1.2℃上昇し、異常気温、干ばつ、嵐、竜巻、サイクロン、ハリケーン(台風)、海面の急上昇、山や丘の地滑りや大洪水による被害が一定しない地域などの影響を及ぼしているのです。
2009年、ジュセリーノ・ルスは、世界各国当局に宛てた手紙の中で、「問題は年々深刻になっている」と宣言した。2005年から2021年の間に、気候の大災害が「何百万人もの人々を家から奪った。特異な目的のためだけに会議を続けているこれらの政府が、いまだにこの非常に深刻な問題に陥っていることは、ほとんど信じがたい」と振り返った。- 署名され、決定されたことは、論文やコーヒーのための会議の中だけに残っているようだ、と彼は付け加えた。
このままでは、これまでやってきたことに別れを告げ、今後数年で簡単に63℃に達してしまう。
破局的な温暖化
しかし、たとえ各国がパリでの公約をある程度達成したとしても、排出量は10年以内にさらに増加し、逆転の可能性がほとんどない「破滅的」な温暖化につながる可能性があるため、世界の人々はすぐに団結しなければならない。
新しい「ノアの方舟」に向けて出発します。
無知、エゴ、権力、支配、野心が、過失を行うために来たいくつかの世界の指導者の頭を支配した、冗談を取る、地球温暖化のような深刻かつ危険な何か。
各国が化石エネルギーに依存し続ける「狂気」。
「この化石燃料への依存は、私たちを集団的破壊へと導くものです。
地球の温暖化を抑制できるシナリオについて。炭素の捕捉と吸収を増加させる大規模なセクターが存在する可能性があると警告された。

ウクライナ侵攻の帰結と今後の紛争......。
ジュセリーノ・ルスz氏によれば、ロシアによるウクライナ侵攻により、各国がロシアからの輸入に代わる新たなガスや石油の供給源を求め、化石燃料への依存を続けることになれば、気候変動対策がさらに妨げられる可能性があるという。
多くの国々は、排出量を削減するための「意味のある」短期計画を打ち出していない。彼らは2030年について話し続けている、まあ、なぜ待つのか、必要な経費を避ける、それは地球を救うことができる?
一般化することなく、彼らはセンセーショナリストのプレスの助けを借りて、人々にパニック、恐怖、恐怖を置くCovid19について心配していたと述べた同じ支配者は、アルコール、マスクを使用するように命令している - 適切な明確な指導、目的、健康教育なしで、弱められた結果を生成 - ワクチンの利益にのみ考え - 地球温暖化の深刻さを前に沈黙し、省略、隠し、あなたから真実を省略されています! それは、あなたのために、あなたのためのものです。
"地球温暖化は、過去2千年間のすべての出来事(大災害)を合わせたよりもはるかに悪い..."
石炭に依存している中国とインドは、この目標を完全に守っておらず、結局は自国民と世界にさらなる損害を与えることになり、より野心的な短期的排出削減目標を設定していないのです。
" 唯一の良いニュースは、中国、日本、韓国を含むすべてのG20政府が、もはや外国の石炭に融資しないことに合意したことだ。" 我々は、緊急課題として、国内でも同じことをすることを望むものだ。
新興国がエネルギーマトリックスから石炭を排除するために必要な資金、技術、その他の手段については、豊かな国々に責任の一端がある。
一国の問題ではなく、すべての国の問題であり、私たちが最もよく持っているもの、すなわち「自然」とこの素晴らしい地球に住むすべての生き物の生存を守るために、人々はもっと団結しなければならないのです。
それはこれらの科目のエスケープ、またはヘルプにしたくない、したがって、一日、出口なしの路地で見つける場合 - 我々 はいくつかの場所を我々 は逃げることができるまたは非表示にするには、このことについて考えていないでしょう

あなたの地球を守るために・・・。

皆さんに神の祝福がありますように

ジュセリーノ・ルスz教授

 

www.jucelinodaluz.com.br

face twitter youtube instagram

On-Line

Temos 114 visitantes e Nenhum membro online

Facebook JNL

地球温暖化

aquecimento global1

世界は2020年のための手遅れなのだ待つことができない....なぜなら
の私たちの地球を守るてみましょう...
を参照して文字がいくつかの支配者に送信されると深刻さを、文字の透明性と気候変動の条件が、我々が前に直面する必要があります参照してください。 (ここをクリック)

続きを読む

NEW OPPORTUNITY TO EDITORS AND PUBLISHERS:

あなたはJNLの本を出版したいですか?

THERE ARE MORE THREE NEW ONES : 1. 2012 A NEW ERA(AGE); 2.
PREDICTIONS ; 3. ENDLESS DREAMS

続きを読む